中2理科
中2理科
5分でわかる!乾湿計の読み方

77
Movie size

5分でわかる!乾湿計の読み方

77

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

乾湿計の読み方

中2 地学2 ポイント1 答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

みなさんは、空気が湿っていると感じたことはありませんか?
空気が湿っている度合いを 「湿度」 といいます。
その湿度をはかるために使うのが、図のような道具です。
これを 「乾湿計」 といいます。
今回は、この乾湿計について学習していきましょう。

湿度を求めるときには、「乾球」と「乾球・湿球の差」に注目

中2 地学2 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

乾湿計がどのような道具なのか、確認していきましょう。
まず、図の中には、2本の温度計があります。
左側の温度計には、特に変わったところはありません。
しかし、右側の温度計の下には何かがついています。
これは水が入ったいれものです。
実は、この2つの温度計を比べるだけで、湿度をはかることができるのです。

中2 地学2 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

それでは、乾湿計の読み方を確認していきます。
まず、左側の温度計を 乾球 といいます。
それに対して、右側の温度計を 湿球 といいます。
温度計ではかった温度と表を照らし合わせながら、読み取っていきましょう。

lecturer_avatar

まずは、乾球の目盛りを読みます。
こちらは17℃を示していますね。
この17℃という温度は、気温を表していることになります。
一方、湿球は15℃を示しています。
この結果を表に当てはめましょう。
まずは表の左端に注目します。
乾球の示した温度は17℃です。
次に、乾球と湿球の温度の差を調べます。
17-15より、2℃の差がありますね。
表の上の方に注目すると、2.0℃という項目があります。
「17」と「2.0」が交わったところには、「80」とかかれていますね。
つまり、このときの湿度は80%であることがわかります。

lecturer_avatar

このように、 「乾球」「乾球・湿球の差」 から、湿度を求めることができます。

中2 地学2 ポイント1 答えあり

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

乾湿計の読み方
77
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      天気とその変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          気温と湿度

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科