中2理科

中2理科
5分でわかる!小腸のつくり

152

5分でわかる!小腸のつくり

152
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

小腸のつくり

中2 理科生物5 ポイント2 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

栄養分を吸収する小腸のつくりを詳しくみていきましょう。

脂肪はリンパ管、ブドウ糖とアミノ酸は毛細血管で吸収

lecturer_avatar

次のイラストは小腸の内側を拡大したものです。

中2 理科生物5 ポイント2上側のみ 答え入り

lecturer_avatar

小腸の管の内側は「ひだ」がたくさんある状態になっています。
ひだの中には、リンパ管と毛細血管が通っています。
脂肪を吸収するのがリンパ管 です。
ブドウ糖とアミノ酸を吸収するのが毛細血管 です。

小腸は表面積を増やして、効率よく栄養を吸収

lecturer_avatar

小腸は、ひだがたくさんあることによって、ウネウネした構造になっています。どうしてこのような構造になっているのでしょうか?

中2 理科生物5 ポイント2下側のみ 答え入り

lecturer_avatar

実は、これが 効率よく栄養を吸収するための構造 なのです。
もし、内側がまっすぐな管だと、消化された食べ物はすんなり通ってしまい、あまり吸収されません。

lecturer_avatar

しかし、ひだがたくさんあると、食べ物がひだにぶつかるため、通るのに時間がかかります。
また、 小腸の表面積が大きくなるため、吸収されやすくなる のです。

lecturer_avatar

このひだのことを 柔毛 といいます。

中2 理科生物5 ポイント2 答え入り

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

オンライン個別指導塾
小腸のつくり
152
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾