中2理科
中2理科
5分でわかる!体のなりたち

8
Movie size

5分でわかる!体のなりたち

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

体のなりたち

中2 理科生物2 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは「動物と植物の体のなりたち」です。
動物や植物の体がどのようにできているのかを学習しましょう。
こちらを見てください。

中2 理科生物2 ポイント2 上半分、動物の図と上の4つの言葉のみ

lecturer_avatar

動物の体のなりたちを表した図です。
この図を見ながら、まずは動物の体がどのようにできているのかを説明します。

動物の体は細胞→組織→器官→個体

lecturer_avatar

生物の体は、これ以上分けることができない非常に細かい粒、 細胞 からできています。
一番左の図、上側は筋肉の細胞、下側は表皮の細胞を描いたものです。

中2 理科生物2 ポイント2 上半分、動物の図と上の4つの言葉のみ

lecturer_avatar

細胞がいっぱい積み重なってできたものを 組織 といいます。
細胞の右側、組織の図に描かれているのは、上が 筋組織 、下が 上皮組織 と呼ばれるものです。
筋肉の細胞が集まって筋組織が、皮の細胞が集まって上皮組織ができます。

中2 理科生物2 ポイント2 上半分、動物の図と上の4つの言葉のみ

lecturer_avatar

組織が何種類か組み合わさって、特定の役割を果たすようになったものを 器官 といいます。
図の上側には 、下側には のイラストが描かれています。
胃は筋組織や上皮組織など、 色々な組織が集まってできているのです。
胃や腸のほかに、心臓や肝臓なども器官に分類されます。

lecturer_avatar

器官が集まったものが 個体(生物) です。
このように、 細胞が集まって組織となり、組織が集まって器官となり、器官が集まって個体が形成されるのです。
動物の体のなりたちとして、細胞→組織→器官→個体という流れをおさえておきましょう。

中2 理科生物2 ポイント2 上半分、動物の図と上の4つの言葉のみ

植物の体も細胞→組織→器官→個体

中2 理科生物2 ポイント2 植物のみ

lecturer_avatar

植物の体のなりたちについても動物と同じです。
体を構成する一番小さな単位が 細胞 で、同じ細胞が集まってできたものが 組織 です。
植物の組織には、表面にある細胞が集まってできた表皮組織や、葉っぱの真ん中にある細胞が集まってできた葉肉組織などがあります。

lecturer_avatar

組織が集まってできたものが 器官 です。
植物の場合、根や茎、葉などが器官に分類されます。
そして器官が集まって 個体 ができます。
植物の体のなりたちにおいても、細胞→組織→器官→個体という流れをおさえておきましょう。

中2 理科生物2 ポイント2 答え全部

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

体のなりたち
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          細胞と体のなりたち

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科