高校生物

高校生物
5分でわかる!水素[電子]伝達系①~③

0
Movie size

5分でわかる!水素[電子]伝達系①~③

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

水素伝達系①~③

高校 生物 代謝14 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

水素伝達系(電子伝達系) の反応を見ていきましょう。
この反応には、全部で6つの工程があります。
今回は、前半の3つの工程を見ていきましょう。

水素伝達系(電子伝達系)の反応は、ミトコンドリアの内膜に注目

lecturer_avatar

注目するのは、ミトコンドリアです。
ミトコンドリアは、外膜と内膜に覆われた二重膜構造をしていましたね。
次の図を見てください。

高校 生物 代謝14 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

これは、ミトコンドリアの外膜と内膜を拡大したものです。
ミトコンドリアの内膜には、プロトンポンプシトクロムATP合成酵素(水素イオンチャネル) といった構造物が描かれていますね。
これらは膜タンパク質で、今回の反応に深くかかわっています。

水素が内膜へ運ばれる

lecturer_avatar

それでは、1番目の工程を見ていきましょう。

高校 生物 代謝14 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

図で、①と書かれたあたりに注目してください。
プロトンポンプに 24H+ が近づいているのが分かりますか?
これらは、解糖系クエン酸回路で生成された水素です。

lecturer_avatar

図では24H+と表記されていますが、実際は 10(NADH + H+)2FADH2 というかたちで内膜へ移行しています。

電子がシトクロムへ

lecturer_avatar

次に、2番目の工程を見ていきましょう。
水素が内膜に運ばれると、プロトンポンプに接触します。

高校 生物 代謝14 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

図で、②と書かれたあたりに注目してください。
水素は、プロトンポンプに触れると電子を奪われます。
そして水素から奪われた電子は、シトクロムという膜タンパク質へ移行するのです。
電子がシトクロムへ移行するときに、エネルギーが生じることになります。

電子によって、水素イオンが膜間腔へ

lecturer_avatar

続いて、3番目の工程を見ていきましょう。

高校 生物 代謝14 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

図で、③と書かれたあたりに注目してください。
電子がシトクロムへ移行するときにエネルギーが生じましたね。
このエネルギーを利用して、水素イオンがミトコンドリアの外膜と内膜のすきまに輸送されます。
このすきまのことを、膜間腔といいます。

lecturer_avatar

3番目の工程は、電子がシトクロムへ移行するときに生じたエネルギーを利用して、水素イオンが膜間腔へ輸送されるということですね。
また、この工程によって膜間腔の水素イオンは、非常に高濃度になっていきます。

lecturer_avatar

水素伝達系の前半の3つの工程をしっかりおさえておきましょう。

高校 生物 代謝14 ポイント2 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

水素[電子]伝達系①~③
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      代謝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          窒素同化と呼吸、発酵

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物