高校生物

高校生物
5分でわかる!同化と異化

1
Movie size

5分でわかる!同化と異化

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

同化と異化

高校 生物 代謝1 ポイント2 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

代謝とは、生体内で起こる化学反応のことを指しました。
代謝のうち、同化異化について詳しく見ていきましょう。

エネルギーを吸収する同化

lecturer_avatar

次の代謝のサイクルを表した図を見てください。

高校 生物 代謝1 ポイント2 図 同化異化の記載なし
lecturer_avatar

図の左には分子量の小さい物質、右には分子量の大きな物質があります。
図の上には、右向きの矢印がありますね。
分子量の小さい物質は、エネルギーを取り込むことで、分子量の大きい物質へと変化します。
このように、エネルギーを吸収する反応を、同化といいます。

lecturer_avatar

同化の例としては、光合成があげられます。
光合成の場合、二酸化炭素のような分子量の小さい物質が、光エネルギーを取り込んで、グルコースのような分子量の大きい有機物へと変化します。

高校 生物 代謝1 ポイント2 図 同化記載あり

エネルギーを放出する異化

lecturer_avatar

一方、分子量の大きい物質は、エネルギーを放出することで、分子量の小さい物質へと分解されます。
このように、エネルギーを放出する反応を、異化といいます。

lecturer_avatar

異化の例としては、呼吸があげられます。
呼吸の場合、グルコースのような分子量の大きい有機物が、エネルギーを放出して分解されます。
また、放出されたエネルギーは、熱になったり、筋肉を動かすなどの生命活動に使われます。

高校 生物 代謝1 ポイント2 図 同化と異化の記載あり
lecturer_avatar

図のように、同化と異化は繰り返し起こっていることもおさえておきましょう。

エネルギーの受け渡しはATPによって行われる

lecturer_avatar

代謝のサイクルに登場するエネルギーには、実体がありません。
そこで生物は、異化によって生じたエネルギーを、ある物質に変換します。
その物質を、ATPといいます。

lecturer_avatar

生体内で生成されたエネルギーは、一旦ATPとして保存されるのです。
そして、エネルギーが必要なときはATPをエネルギー源として利用しているのです。

lecturer_avatar

生体内でエネルギーを生み出すには、有機物のような分子量の大きい物質が欠かせません。
生物が生きるためには、どのように有機物を得るかが重要なポイントだと言えますね。

高校 生物 代謝1 ポイント2 全部 空欄埋める
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

同化と異化
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      代謝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          光合成のしくみ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物