高校古文

高校古文
5分でわかる!敬意の方向

43

5分でわかる!敬意の方向

43
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

敬意の方向「誰から」「誰に」敬意を表している?

高校古文 5章3 敬意の方向

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

高校古文5章「敬語」。今回は「敬語の方向」について学習するよ。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「敬意の方向」。例えば「大納言、翁に扇を給ふ」の「給ふ」は尊敬語で、大納言に対する敬意を表すね。敬意の方向では「誰から」敬意を表しているのかも重要になるよ。今回であれば作者から大納言に対する敬意になるよ。敬意の方向を詳しくみていこう。

高校古文 5章3 「誰から」「誰に」

lecturer_avatar

「誰から」は地の文であれば作者から、会話文であれば話し手からだよ。地の文はカギカッコがついていない部分、会話文はカギカッコがついている部分なんだ。

lecturer_avatar

「誰に」は敬語の種類で判断するよ。尊敬語は動作の主体謙譲語は動作の客体丁寧語聞き手・読み手だよ。例文で確認しよう。

高校古文 5章3 例「大納言~」

lecturer_avatar

敬意の方向は「誰から」「誰に」の両方から考える。「誰から」は地の文なので作者から。「誰に」は「給ふ」が尊敬語なので大納言に対する敬意だね。別の例をみていこう。

高校古文 5章3 例「僧都~」

lecturer_avatar

「誰から」は会話文なので僧都(話し手)から。「誰に」は「奉る」が謙譲語なのでに対する敬意だね。別の例をみていこう。

高校古文 5章3 例「僧都~侍り」

lecturer_avatar

「誰から」は地の文なので作者から。「誰に」は「侍り」が丁寧語なので読み手に対する敬意だね。

lecturer_avatar

敬意の方向が「誰から」「誰に」対するものなのか答えられるようになろう。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

難関大合格パーソナルプログラム
敬意の方向
43
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

敬語

難関大合格パーソナルプログラム
難関大合格パーソナルプログラム

高校古文