中1理科

中1理科
5分で解ける!根のつくりに関する問題

10
Movie size

5分で解ける!根のつくりに関する問題

10
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中1 理科生物13 練習(答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

植物の根のつくりについての練習問題です。

植物の根は、「主根と側根」か「ひげ根」

中1 理科生物13 練習(1)答えなし

lecturer_avatar

(1)は、根の各部分の名前を答える問題ですね。
①は真ん中にある太い根から出ている細い根のことですね。
横に出ている根ということで側根 といいます。
②は真ん中にある太い根ですね。
これを 主根 といいました。
③は 一か所からいろんな方向にのびている根 ですね。
このような根を ひげ根 と言いました。

根のはたらきは、「からだを支えること」、「水や肥料分を吸収すること」

中1 理科生物13 練習(2)答えなし

lecturer_avatar

(2)は、根のはたらきを答える問題ですね。
根のはたらきは2つありましたね。
1つ目は 「からだを支えること」 でした。
もう1つは 「水や肥料分を吸収すること」 でした。
つまり、答えは です。
ちなみに、アの「水と二酸化炭素から養分をつくり出す」のは光合成ですね。
光合成を行っているのは、葉にある葉緑体でした。
また、ウの「体内の水を放出する」は蒸散のことでしたね。
蒸散は、葉の裏に多い気孔で行われていましたね。

双子葉類の葉脈は網状脈

中1 理科生物13 練習(3)答えなし

lecturer_avatar

(3)は、ヒマワリのような根をもつ植物の葉脈のつくりを答える問題です。
ヒマワリの根は、真ん中の主根と、その周りの側根からできています ね。
このタイプの根は 双子葉類 がもつものです。
それでは双子葉類の葉脈は、どのようになっていたでしょうか。
双子葉類の葉脈は網目状 に通っていましたね。
これを 網状脈 といいました。

答え
中1 理科生物13 練習答えあり
春キャンペーン2019
根のつくり
10
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

植物の茎・根のつくりの練習

この授業のポイント・問題を確認しよう

植物の世界

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      植物の茎・根のつくり

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      中1理科