中1理科
中1理科
5分でわかる!受粉について

22
Movie size

5分でわかる!受粉について

22

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

受粉

中1 理科生物5 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは「受粉」です。
受粉とは、読んで字のごとく、めしべが「花粉を受け取ること」をいいます。
では、どうやってめしべが粉を受け取るのか、見ていきましょう。

柱頭、胚珠、子房 それぞれの特徴は?

lecturer_avatar

花のめしべを拡大した下の図をみてください。

中1 理科生物5 ポイント2 胚珠、子房、柱頭はいる

lecturer_avatar

めしべの真ん中にある粒を胚珠、そのまわりをおおっているものを子房、めしべの先端部分を柱頭といいましたね。
そして、めしべのまわりにはおしべがあり、おしべの先端に花粉がつまったやくがあります。
このおしべの花粉が、風や虫によっては運ばれて、めしべの柱頭にくっつく。
これを受粉というのです。

受粉後に「胚珠➔種子」「子房➔果実」へ変化

中1 理科生物5 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

次に受粉が起こった後のめしべのようすをみていきましょう。
柱頭に花粉がくっつくと、その花粉が胚珠に運ばれて変化が起きます。
胚珠は受粉によって、右側の図の真ん中部分にある種子へと変化するのです。
胚珠が変化すると、まわりにあった子房も変わり、果実となります。
また、このように胚珠が子房におおわれている植物被子植物といいます。

lecturer_avatar

受粉に関係する部分の名称を覚えましょう。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

受粉について
22
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      植物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          植物の花のつくり

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科