高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!新生!中華民国の抱えた苦悩

2
Movie size

5分でわかる!新生!中華民国の抱えた苦悩

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

新生!中華民国の抱えた苦悩

帝国主義と東アジア4 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「袁世凱の独裁」です。
1912年に誕生した 中華民国 は、清の滅亡後にある「悩み」を抱えることになりました。いったいどんな「悩み」だったのでしょうか?

袁世凱、臨時大総統に就任

lecturer_avatar

前回の復習です。
袁世凱 は中華民国の 孫文 と取引し、清の皇帝(宣統帝)を退位させる代わりに、中華民国 臨時大総統 の地位を孫文から譲り受けることを約束しました。

lecturer_avatar

約束どおり宣統帝を退位させた袁世凱は、1912年に 中華民国の臨時大総統に就任しました。 彼は首都を南京から北京へ移すと、次第に独裁色を強めていきました。

lecturer_avatar

そんな袁世凱に対抗し、中国同盟会が中心となって 国民党 が結成されました。袁世凱の独裁に抵抗するために結成された組織です。

「袁世凱、臨時大総統に就任」見出し+イラスト+テキスト全部

第二革命の発生

lecturer_avatar

国民党と袁世凱は対立を強め、ついには 武力衝突 にまで発展しました。袁世凱の専制に反対する孫文らが武装蜂起を行ったのです。これを 第二革命 といいます。

lecturer_avatar

第二革命は、強力な軍隊を有する袁世凱の勝利に終わりました。敗れた国民党は解散処分となり、袁世凱は 正式な大総統に就任しました。

「第二革命」見出し+テキスト全部

第三革命の発生

lecturer_avatar

正式な大総統に就任した袁世凱は独裁をすすめ、なんと 皇帝の地位に就こうとしました。 これに対し、革命派や国内の軍部らは武装蜂起を行いました。これを 第三革命 といいます。

lecturer_avatar

袁世凱の皇帝即位には、国内だけではなく国外からも反発がありました。ヨーロッパや日本は、皇帝政治の復活が自らの植民地支配の障害となることを警戒したのです。

lecturer_avatar

こうした反発を受け、袁世凱は1916年に帝政復活の取り消しを宣言しました。その数ヵ月後、彼は失意のうちに病死してしまいました。

lecturer_avatar

袁世凱の死後は、各地に 軍閥 と呼ばれる勢力が割拠し、北京政府の実権をめぐって争うようになりました。軍閥とは、かつて袁世凱の部下だった軍人たちが組織した軍事集団だと考えてください。

「第三革命」見出し+テキスト全部

lecturer_avatar

このように、袁世凱による独裁が終了した後も、中国では 軍人たちが政権を握る状態 が続き、一般民衆による政治が実現することはありませんでした。これが中華民国が抱えた「悩み」なのです。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

新生!中華民国の抱えた苦悩
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義と東アジア

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B