高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!宗教改革(第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!宗教改革(第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

宗教改革/確認テスト(第2問)

高校世界史 宗教改革7 確認テスト(後半)問題2

解説
これでわかる!

問題の解説授業

問題(1)

問題2(1)

lecturer_avatar

ルター派の諸侯や都市 が結成した 同盟 といえば?
正解は シュマルカルデン同盟 です。
彼らはシュマルカルデン同盟を結成し、
皇帝 カール5世 に対抗しました。

(1)の答え
問題2(1)答え入り

問題(2)

問題2(2)

lecturer_avatar

ドイツ三十年戦争の 勃発の原因 となった、
新教徒の反乱が起きた場所は?
正解は ベーメン(ボヘミア) です。

lecturer_avatar

反乱を起こしたベーメンの新教徒を援護すべく、
デンマークやスウェーデンなど周辺国が参戦し、
ベーメン反乱は国際的な戦争へと変貌していきました。

(2)の答え
問題2(2)答え入り

問題(3)

問題2(3)

lecturer_avatar

アウクスブルクの宗教和議 についての正誤判定です。
まずはaから。

lecturer_avatar

カルヴァン派の信仰が認められた 」とありますが、これは ドイツ三十年戦争 の講和条約である ウェストファリア条約 の内容です。アウクスブルクの宗教和議では、まだカルヴァン派の信仰は認められていません。よってaは誤りです。

lecturer_avatar

次にbの文章。
アウクスブルグの宗教和議では、カトリックorルター派の選択権が 諸侯もしくは都市に与えられました。 例えば住民がルター派を望んでも、その地を支配する諸侯がカトリックを選べば、住民たちはカトリックを信仰しなくてはいけませんでした。 個人の信仰の自由が認められたわけではない のでbも誤りです。

lecturer_avatar

以上、aとbは共に誤りなので、正解は となります。

(3)の答え
問題2(3)答え入り

問題(4)

問題2(4)

lecturer_avatar

スコットランドにおけるカルヴァン派の呼び名 と言えば?
正解は ②ブレスビテリアン です。

lecturer_avatar

ちなみに選択肢は4つともカルヴァン派の呼称です。① ピューリタンイングランド 、③ ゴイセンネーデルラント 、④ ユグノーフランス におけるカルヴァン派の呼称です。呼び名と地域をセットで覚えましょう。

(4)の答え
問題2(4)答え入り

問題(5)

問題2(5)

lecturer_avatar

ドイツ三十年戦争の講和条約 と言えば?
正解は ウェストファリア条約 です。

lecturer_avatar

この条約で、ドイツ国内の領邦ほぼ全てに 主権 が認められました。皇帝の命令は届かなくなり、各地の領邦国家が自分で政治を行うようになったのです。こうして神聖ローマ帝国は 有名無実化 してしまいました。

(5)の答え
問題2(5)答え入り
Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

宗教改革(第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      宗教改革

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B

              高校世界史B