高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!体内環境の維持(テスト3、第2問)に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!体内環境の維持(テスト3、第2問)に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業

肝臓の働きの数々をおさえよう

高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 (1)

lecturer_avatar

約50万個の 肝細胞 によってできるのは 肝小葉 でしたね。そして、その約50万個の肝小葉によって 肝臓 ができているんでしたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 (2)

lecturer_avatar

小腸からの毛細血管が束になった血管のことを 肝門脈 と言いましたね。小腸で吸収された栄養分は毛細血管を通り、肝臓へと流れ込みます。

高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 (3)

lecturer_avatar

肝臓には、血糖量を調整する働きがあります。肝臓には、小腸から吸収した グルコース が肝門脈から流れてきますね。肝臓はグルコース同士を結合させて グリコーゲン に変えることで、血糖量を調整しています。

高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 (4)

lecturer_avatar

肉などを食べると、分解されたアミノ酸は肝門脈を通って肝臓に入ります。このアミノ酸が多過ぎると、肝臓で アンモニア に分解されることがありましたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 (5)

lecturer_avatar

アミノ酸の分解によってできたアンモニアは人体に有害です。肝臓は、このアンモニアを無害な 尿素 に作り変える働きがありましたね。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持27 演習2 答え全部
春キャンペーン2019
体内環境の維持(テスト3、第2問)
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

体内環境の維持

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      体液の循環と肝臓

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校生物基礎