高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!血液の循環

5
Movie size

5分でわかる!血液の循環

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

血液の循環

高校 生物基礎 体内環境の維持21 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

われわれヒトの血管系は、閉鎖血管系でしたね。つまり、心臓から出た血液が、毛細血管を通り、静脈から再び心臓へと閉鎖的に循環しています。この血液循環のプロセスを、もう少し詳しくみていきましょう。

「体循環」と「肺循環」

lecturer_avatar

図は、心臓を中心とした血液循環のプロセスを模式的に示したものです。

高校 生物基礎 体内環境の維持21 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

図では、「全身を通る循環」と「肺を通る循環」の2種類があることがわかりますね。

lecturer_avatar

全身を流れている血液は、静脈を通って左上の心臓の部屋へと集まってきます。さらにその血液は、心臓の左下の部屋へと流れ、血管を通って肺へと流れていきます。肺では血液中の 二酸化炭素 が取り出されて、 酸素 を取り入れます。こうしてガス交換を行うと、血管を通って心臓の右上の部屋へと戻っていきます。

lecturer_avatar

酸素を多く含んだ血液は心臓の右下の部屋から出ていき、全身に酸素を供給します。そして再び静脈を通って左上の心臓の部屋へと集まってきます。

lecturer_avatar

「心臓⇒全身⇒心臓」のように、全身をぐるっと一周する循環を 体循環 と呼び、「心臓⇒肺⇒心臓」のように、小回りで肺を通る循環は 肺循環 といいます。

「動脈血」と「静脈血」

lecturer_avatar

また、全身から心臓に戻ってくる血液は、 二酸化炭素を多く含んでいる ことから 静脈血 と呼ばれ、心臓を経て肺まで流れていきます。

lecturer_avatar

肺ではガス交換されるので、二酸化炭素が取り出されて、 酸素を多く含んだ血液 となり、この血液を 動脈血 と言います。動脈血は、肺を出たあと、心臓を経て全身まで流れていきます。つまり、全身から肺までを二酸化炭素を多く含む静脈血が流れ、ガス交換によって肺から全身までを酸素を多く含む動脈血が流れているということです。

高校 生物基礎 体内環境の維持21 ポイント2
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

血液の循環
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          体液の循環と肝臓

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎