高校生物基礎
高校生物基礎
5分でわかる!ガードンの実験

3
Movie size

5分でわかる!ガードンの実験

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ガードンの実験

高校 生物基礎 遺伝子27 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

細胞の性質を決めるのは核である ことを発見した研究者がいました。 ガードン と呼ばれる研究者です。ちなみに、ガードンはiPS細胞の発見で有名な山中伸弥教授と共同研究を行い、共にノーベル賞を受賞した有名な研究者です。

lecturer_avatar

今回は、そのガードンが行った実験について説明していきます。

褐色の細胞 vs 白色の核

lecturer_avatar

ガードンは実験で、図のような白色のオタマジャクシと褐色のカエルを使いました。

高校 生物基礎 遺伝子27 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

まず、白いオタマジャクシからは、白色になる性質をもつ小腸の体細胞をとり、褐色のカエルからは、褐色になる性質をもつ未受精卵をとってきました。

lecturer_avatar

そして、未受精卵に、紫外線を当てて核を壊し、そこに白いオタマジャクシからとった体細胞の中にある核を移植しました。

lecturer_avatar

その結果、受精卵から生まれたオタマジャクシはどちらの色になったと思いますか。白色のオタマジャクシになったのです。したがって、細胞の性質を決定しているのは、核以外の部分ではなく、核こそが細胞の性質を決めているとわかったのです。

小腸の体細胞の核からもオタマジャクシに育つ

lecturer_avatar

この実験からはさらに、 にすべての遺伝情報があり、個体の 形質 を決めることがわかりました。どういうことかというと、実験では白色のオタマジャクシからとった小腸の体細胞は働きが決定されているにもかかわらず、移植した先で、しっかりと白いオタマジャクシを作り出しました。つまり、この移植した核は、小腸の遺伝子だけを持っているのではなく、体のすべてをつくるための遺伝子情報、ゲノムが含まれているということも同時に発見されたのです。

高校 生物基礎 遺伝子27 ポイント2
Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

ガードンの実験
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝子

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          遺伝子とゲノム

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎