中2数学

中2数学
5分でわかる!直角三角形の合同条件

101

5分でわかる!直角三角形の合同条件

101
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

直角三角形の合同

中2 数学143 ポイント

これでわかる!
ポイントの解説授業

特別な合同条件!

lecturer_avatar

今回は、 「直角三角形の合同」 について学習するよ。
三角形の合同条件の3つのパターンは、もうマスターしているかな?
実は、直角三角形の場合は、それに加えて、 特別な2つの合同条件 というものが存在するよ。
それが、今日のポイント。

POINT
中2 数学143 ポイント

「斜辺」が主役!

lecturer_avatar

直角の部分と向かい合っている 角を、 「斜辺」 というよ。
直角三角形の合同条件では、この 「斜辺」 が主役。
「斜辺」他の1辺 か、 「斜辺」1つの鋭角 がそれぞれ等しければ合同になるんだ。

「鋭角」と「鈍角」

lecturer_avatar

直角三角形の合同条件に出てくる 「鋭角」 というのは、 90°より小さな角 のことだよ。ここでは、簡単に言うと 「直角でない2つの角のうちの1つ」 を指すよ。

lecturer_avatar

ちなみに、 90°よりも大きな角 のことを 「鈍角」 というんだ。

この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

オンラインLIVE夏期講習
直角三角形の合同条件
101
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習