高校化学基礎
高校化学基礎
5分で解ける!物質の変化(テスト10、第1問)に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!物質の変化(テスト10、第1問)に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

演習1

高校 理科 化学基礎 物質の変化47 演習1 答えなし

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

今回は確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習していきましょう。

イオン化傾向の覚え方は、「リー貸そうかなまぁあてにするなひどすぎる借金」

高校 理科 化学基礎 物質の変化47 演習1 答えなし

lecturer_avatar

演習1は、金属の反応性に関する問題ですね。
条件にあてはまる金属の組合せを推理しなければなりません。

lecturer_avatar

まずは、 イオン化傾向の順番(イオン化列) を書き出してみましょう。
イオン化傾向の覚え方は、 「リー貸そうかなまぁあてにするなひどすぎる借金」 でしたね。

lecturer_avatar

Li K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H2) Cu Hg Ag Pt Au

lecturer_avatar

今回登場しているものをチェックしましょう。
Li K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H2) Cu Hg Ag Pt Au

lecturer_avatar

これで下準備ができました。
①~③の条件を確認していきましょう。

高校 理科 化学基礎 物質の変化47 演習1 答えなし

lecturer_avatar

①より、常温の水と反応するのは、Aだけでした。
ということは、 Aは最もイオン化傾向が大きい ということですね。
よって、Aは、 イのCa です。

lecturer_avatar

②より、塩酸と反応するのは、AとBだけでした。
塩酸と反応するということは、 水素よりもイオン化傾向が大きい ということです。
今回の金属の中で、条件を満たすのは、CaとZnだけです。
CaはAだとわかっているので、Bはもう一方ですね。
よって、Bは、 ウのZn です。

lecturer_avatar

③より、希硝酸と反応するのは、D以外のすべてです。
つまり、 Dが最もイオン化傾向が小さい ということです。
よって、Cは、 アのCu です。
残ったDは、 エのAu です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化47 演習1 答えあり
物質の変化(テスト10、第1問)
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          金属の酸化還元

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎