高校物理

高校物理
5分で解ける!N型、P型半導体に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!N型、P型半導体に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校物理 電磁気65 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

半導体についての知識を整理する穴埋め問題です。

N型とP型のキャリアの違いを覚えよう

高校物理 電磁気65 練習 全部

lecturer_avatar

ケイ素(Si)やゲルマニウム(Ge)のような、導体と不導体の中間の抵抗率をもつ物質を (1)半導体 と言います。ケイ素(Si)やゲルマニウム(Ge)の価電子数は (2)4 で、それよりも価電子の数が1つ多い元素が微量添加されると (3)N 型半導体となります。N型半導体では、余った (4)電子 がキャリアになりましたね。

lecturer_avatar

一方、半導体に価電子数3の元素を微量添加したものを (5)P 型半導体と言いました。P型半導体では、電子が不足した穴である (6)ホール(正孔) がキャリアになります。 N型半導体とP型半導体のキャリアの違いを注意して覚えましょう。

答え
高校物理 電磁気65 練習 解答
N型、P型半導体
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      半導体、ダイオードの練習