高校物理

高校物理
5分でわかる!吸収熱と放射熱

0
Movie size

5分でわかる!吸収熱と放射熱

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

吸収熱と放出熱

熱力学2 ポイント2 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

物体の吸収熱Qinは、質量m、上昇温度ΔTに比例しましたね。では、今度は逆に物体が熱を放出する場合を考えてみましょう。

物体が放出する熱は「放出熱Qout

lecturer_avatar

まずは図を見てください。

熱力学2 ポイント2 右側の図

lecturer_avatar

上の物体には熱が与えられ、下の物体からは熱が放出されています。物体に与えられる熱を吸収熱 Qin で表すのに対し、物体が放出する熱は放出熱 Qout と表します。

放出熱Qoutは、吸収熱Qinと符号が逆

lecturer_avatar

では放出熱はどのように表されるのか、具体的な例を元に考えてみましょう。

問題
熱力学2 ポイント2 図の左側1−3行目
lecturer_avatar

まず、熱容量Cが10[J/K]の物体の温度が、300[K]から310[K]に上昇したときの吸収熱Qinから考えます。Qin=mcΔTのうち、mc=(熱容量C)=10ですね。温度の変化量ΔTは 後の温度から最初の温度を引く ことで求めることができましたね。したがって、
Qin=CΔT=10×(310−300)=+100[J]
プラスの値をとることから、熱が与えられたことが分かりますね。

lecturer_avatar

次に300[K]から290[K]に温度が変化した場合を考えます。温度の変化量を290−300=−10と考えて、吸収熱の公式にあてはめると次のようになります。
Qin=CΔT=10×(290−300)=−100[J]
値がマイナスになりました。 マイナスの熱を得た ということは熱を捨てたと言い換えられ、 熱を放出した 事が分かりますね。つまり、放出熱Qoutの値は、吸収熱Qinに逆の符号をつけたものになります。

熱力学2 ポイント2 1番下の1行 空欄埋める
lecturer_avatar

放出熱は吸収熱にマイナスをつければよい ということをしっかりと覚えておきましょう。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

吸収熱と放射熱
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      熱力学

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          温度と熱

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校物理