高校数学B

高校数学B
5分でわかる!数列の漸化式(ぜんかしき)(1)

26
Movie size

5分でわかる!数列の漸化式(ぜんかしき)(1)

26

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

数列の漸化式(1)

高校数B 数列28 ポイント

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは 「数列の漸化式(1)」 です。
漸化式(ぜんかしき)は、この授業では初めて登場しますね。 漸化式とは、数列の隣り合う項の間で常に成り立つ関係式 のことを言います。……といっても、これだけ聞いて「わかった!」となる人はいませんね。

lecturer_avatar

漸化式については、これから計3回の授業にわたって解説していきます。第1回目では、いちばん簡単な 等差数列型・等比数列型の漸化式 を見ていきましょう。ポイントは次のようになります。

POINT
高校数B 数列28 ポイント

等差数列型の漸化式とは?

lecturer_avatar

ポイントにおける①が 等差数列型の漸化式 です。

高校数B 数列28 ポイント ①の2行分
lecturer_avatar

an+1=an+d (dは定数)
隣り合う項の間で常に成り立つ関係式 なので漸化式です。
これを式変形すると、
an+1-an=d
となりますね。(後ろの項)-(前の項)=dなので、 この数列は公差dの等差数列 とわかりますね。

lecturer_avatar

これまではan=(nの式)で数列を表してきましたが、 an+1とanの2項間の関係で数列を表すのが漸化式 なのですね!

等比数列型の漸化式とは?

lecturer_avatar

ポイントにおける②が 等比数列型の漸化式 です。

高校数B 数列28 ポイント ②の2行分
lecturer_avatar

an+1=ran (rは定数)
隣り合う項の間で常に成り立つ関係式 なので漸化式です。
これを式変形すると、
an+1/an=r
となりますね。(後ろの項)÷(前の項)=rなので、 この数列は公比rの等比数列 とわかりますね。

lecturer_avatar

漸化式はセンター試験や大学入試でも頻出の分野です。しっかり基礎から解法を積み上げていきましょう。

Asami

この授業の先生

浅見 尚 先生

センター試験数学から難関大理系数学まで幅広い著書もあり、現在は私立高等学校でも 受験数学を指導しており、大学受験数学のスペシャリストです。

数列の漸化式(ぜんかしき)(1)
26
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      数列

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          漸化式と数学的帰納法

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学B

              高校数学B