中3理科
中3理科
5分でわかる!銀河系とその他の銀河

19
Movie size

5分でわかる!銀河系とその他の銀河

19

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

銀河系とその他の銀河

中3 地学1 ポイント1 答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

私たちは、地球という星の上で生活しています。
そして、そのまわりには宇宙という空間が広がっています。
昔、地球は宇宙の中心にあると考えられてきました。
しかし、実際には、地球は太陽のまわりをまわっているのです。
ただし、太陽も宇宙の中心というわけではありません。
私たちのまわりの宇宙がどんな様子になっているのか、詳しく見ていきましょう。

地球は銀河系の中の太陽系の1つの星

中3 地学1 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

まずは、図の左上を見てください。
図は、地球がふくまれる星の集まりを遠くから見た様子です。
これを銀河系といいます。
その中には、小さな粒がたくさんありますね。
これらは太陽と同じような星だといえます。

lecturer_avatar

この中で、太陽はどのあたりにいるのでしょうか?
実は、太陽は、中心からはずれた左端の方にあります。
太陽のある位置は、銀河系の中心から3万光年ぐらい離れています。
3万光年の「光年」とは、どのような単位かわかりますか?
みなさんはあまりイメージできないかもしれませんが、光はとても速く進みます。
なんと、1秒間に地球を7周半まわるほどの速さです。
今、光の速さで進むロケットを作ったとしましょう。
このロケットが太陽から銀河系の中心に行く場合、3万年もの時間がかかることになります。
「光の速さで3万年かかる」距離のことを「3万光年」と表すわけです。
また、銀河系の端から端までは、光の速さで10万年もかかります。
つまり、その距離は10万光年と表すことができますね。

lecturer_avatar

このように、無数の星があつまったものを銀河といいます。
実は、銀河は宇宙にたくさん存在しています。
そのため、他の銀河と区別するために私たちがいる銀河を銀河系と呼びます。
ちなみに銀河系を上から見ると、図の左下のようになっています。
渦をまいていることがわかりますよね。
私たちが地球や月の動きを考えるときには、太陽は動いていないものとして考えます。
しかし、実際には、太陽も同じようにまわっているわけですね。
ちなみに、太陽とそのまわりを回っている星などをまとめて、太陽系といいます。

lecturer_avatar

また、銀河系以外の銀河も紹介しておきます。
図の右上にあるのが、アンドロメダ銀河です。
右下にあるのは、大マゼラン銀河です。
ただし、この宇宙にどれだけの銀河があるのかという点については、まだわかっていません。

中3 地学1 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

以上の内容をまとめましょう。
私たちのいる地球は、宇宙の中心ではありません。
地球は、銀河系の中の太陽系の1つの星であることをおさえておきましょう。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

銀河系とその他の銀河
19
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      地球と宇宙

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          銀河系と太陽系

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科