中2英語
中2英語
5分で解ける!不定詞の用法3(~べき、~ための)に関する問題

13
Movie size

5分で解ける!不定詞の用法3(~べき、~ための)に関する問題

13

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中2 英語56 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

「~するべき」は”to+動詞の原形”

中2 英語56 練習(1)(2)

lecturer_avatar

(1)は、**「するべき宿題」**と言うときの表現だよ。
「~するべき」はto+動詞の原形を使うのがポイントだったね。
「宿題」homeworkのあとに、「するべき」to doを続けよう。

(1)の答え
中2 英語56 練習(1)答え
lecturer_avatar

(2)は「訪れるべき」と言うときの表現だね。
「~するべき」はto+動詞の原形を使うのがポイント。
「場所」placesのあとに、「訪れるべき」to visitを続けよう。

(2)の答え
中2 英語56 練習(2)答え

”something to+動詞の原形”で「~するもの」

中2 英語56 練習(3)

lecturer_avatar

(3)は、「飲むもの」が欲しいだね。
”something to+動詞の原形”で「~するもの」と表現できるね。
この場合は、「飲むもの」だから、something to drinkとしよう。

(3)の答え
中2 英語56 練習(3)の答え
Yamada
この授業の先生

山田 暢彦 先生

実践的でわかりやすい指導に加え、米国で生まれ育ったネイティブだからこそわかる“英語を話す感覚”を伝授。 中学英語の得点力・リスニング力・長文読解力を自然と磨き上げていく。

不定詞の用法3(~べき、~ための)
13
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。