高校物理

高校物理
5分でわかる!箔検電器

3

5分でわかる!箔検電器

3
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

箔検電器

高校物理 電磁気10 ポイント2 全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

先ほど学習した 静電誘導 の現象を目で確認できる装置の1つが 箔検電器 です。

帯電した物質を近付ると金属箔が開く

lecturer_avatar

箔検電器は、次の図のような装置のことを言います。

高校物理 電磁気10 ポイント2 左の図

lecturer_avatar

装置の上にある丸い円盤は金属の板です。この金属板から伸びている棒も金属で、その先に2枚の金属の箔(アルミニウム箔)が向かい合わせになっています。これらはすべて 導体 ですね。一方、金属を囲っているのは電気を通さない 絶縁体 です。ガラスやプラスチックなどが絶縁体の例ですね。

lecturer_avatar

この箔検電器にプラスに帯電した物体を近づけると、 静電誘導 によって 帯電した物質がプラスであってもマイナスであっても、この箔が開く という現象が起きます。

高校物理 電磁気10 ポイント2 右の図 下の物体の方のプラスとマイナスをカット 丸囲みしたマイナス電子と矢印もカット

lecturer_avatar

一体、この箔検電器では何が起きたのでしょうか。

自由電子の移動に注目しよう

lecturer_avatar

金属箔の中にある自由電子がどう動くのかを考えましょう。箔検電器の上部の金属板にプラスの帯電体を近づけると、金属板の自由電子はプラスの帯電体に引き付けられますよね。マイナスの自由電子が上に移動するので、箔の中は次のようになります。

高校物理 電磁気10 ポイント2 右の図

lecturer_avatar

プラスの帯電体に引き寄せられた自由電子が丸い金属板に偏り、板は マイナスに帯電 します。一方、自由電子が逃げてしまった下部の箔は プラスに帯電 します。対になっている箔はプラスの電荷同士なので、 斥力がはたらき反発 し合いますよね。こうして、箔が開くという現象が起きるのです。

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

オンラインLIVE夏期講習
箔検電器
3
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習