高校物理

高校物理
5分でわかる!重ね合わせの原理

5
Movie size

5分でわかる!重ね合わせの原理

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

重ね合わせの原理

波動6 ポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、波がいくつか重なるときに成り立つ 重ね合わせの原理 について解説していきましょう。

波は衝突すると重なり合う

lecturer_avatar

下の図のように、右向きに進む高さ2[m]の波(点線)と、左向きに進む高さ1[m]の波がぶつかる例を考えます。

波動6 ポイント1 左端の点線の波と、中央の細線の波の図 一番右の合成波(凸凹の波)だけのぞく

lecturer_avatar

今回の波は、今まで見てきた波と形が異なりますね。この図の波のように、1回の振動によって起こる単発の波を パルス波 と言います。この2つのパルス波が重なると、どんな波ができあがるかイメージできますか?

lecturer_avatar

もし、2つの波が単純な物体同士であれば衝突して跳ね返ります。しかし、波の場合は重なり合い、 合成波 が生まれます。

波動6 ポイント1 左端の点線の波と、中央の細線の波はのぞく 一番右の凸凹の波だけの図

lecturer_avatar

上の図の太線部ですね。合成波の高さは、一番高いところで2[m]の波と1[m]の波を足し合わせた3[m]になっていることが分かるでしょうか? 2つの波の合成波は、それぞれの波の高さの和 となりますね。これを 重ね合わせの原理 といいます。

波動6 ポイント1 クマさんのまとめ 空欄埋める

lecturer_avatar

2つの波は、重なったあともそれぞれ右と左に進み、重ね合いが終わった後は元の形に戻ります。物体同士の衝突では方向や形が変わりますが、波の場合は何事もなかったかのように元の形に戻ります。このように、波の形が変わらないことを 波の独立性 と言います。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

重ね合わせの原理
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      波動

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          重ね合わせの原理・定常波

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校物理