中学公民

中学公民
5分でわかる!地球サミットと京都議定書

2
Movie size

5分でわかる!地球サミットと京都議定書

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

画期的な京都議定書 アメリカの脱退を招いた理由とは

中学公民50 ポイント3 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

3つ目のポイントは、「地球サミットと京都議定書」です。
環境問題を解決するために行われる国際会議について説明します。
こちらを見てください。

中学公民50 ポイント3 答え入り

1992年に「地球サミット」が開かれた

lecturer_avatar

ポイント2で紹介した地球環境問題を解決するために、さまざまな国際会議が開かれています。
中でも1992年に開催された 国連環境開発会議 、別名 地球サミット は有名です。
テストでもよく問われるので、どちらの名称でも答えられるようにしてください。

lecturer_avatar

地球サミットでは 持続可能な開発 を実現するための取り組みが話し合われました。
ただ「環境を守りましょう」というだけでは、実際に環境問題を解決することはできません。
一方で、世界中の国が環境に配慮し、開発をぱったりとやめてしまったら景気が落ち込んでしまいます。
「環境」と「開発」のバランスをとることが大切なのです。

1997年に「京都議定書」が採択された

lecturer_avatar

1997年には京都で国際会議が行われ、 京都議定書 が採択されました。
温室効果ガスの削減を先進国に義務付ける という内容で、それぞれの国が何パーセント削減する、という具体的な数値まで決められました。
具体的な数字まで設定されたのは、当時は画期的でした。

京都議定書が採択されるも、アメリカは脱退し、先進国と発展途上国は対立

lecturer_avatar

画期的な京都議定書でしたが、決して円満に進んだわけではありません。
こちらを見てください。

中学公民50 ポイント3のラスト3行のみ表示(1997年~さいごまで)答え入り

lecturer_avatar

1997年に採択された京都議定書でしたが、後に アメリカが脱退してしまいます。
さらに 先進国と発展途上国との間で意見の対立が発生しました。

lecturer_avatar

京都議定書は、温室効果ガスの削減を 先進国 に義務付けています。
つまり 発展途上国には削減義務がありません。
発展途上国はどんどん工場をつくり、温室効果ガスを排出して発展をとげることができるのに対し、
先進国だけが温室効果ガスを削減し、経済発展をがまんしなければいけない。
この事実に不満を持ったアメリカのような国は、京都議定書から離脱していきました。

中学公民50 ポイント3 答え入り

lecturer_avatar

1992年には 国連環境開発会議(地球サミット) が開かれました。
1997年には 京都議定書 が採択されました。
環境問題を解決するための動きをおさえておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

地球サミットと京都議定書
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      現代社会の課題

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民