中学公民

中学公民
5分でわかる!流通の合理化

2
Movie size

5分でわかる!流通の合理化

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

流通の合理化

中学公民29 ポイント3 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

3つ目のポイントは、「流通の合理化」です。
今回はデパートやスーパーマーケットなどの 小売業者 が、利益を上げるために行っている「工夫」について学習します。
こちらを見てください。

中学公民29 ポイント3 答え入り

流通の合理化 大量仕入れ、直接仕入れによって費用を削減

lecturer_avatar

小売業者の例として、デパート・スーパーマーケット・コンビニの3つを取り上げています。
実は、これらの小売業者にはある共通点があるのです。
それが「 流通の合理化 」です。

lecturer_avatar

これらの小売業者は 商品を大量に仕入れることで費用を減らしています。
私たち消費者ではとても買えないような量でも、小売業者ならまとめて購入することができます。
大量にまとめ買いをすることで、商品1つあたりの値段を安くできるのです。
大量仕入れに加えて 生産者から直接仕入れることでも費用を減らしています。
生産者と小売業者の間に卸売業者をはさむと、その分値段は高くなってしまいます。
例えば、スーパーが農家と契約を結び、農家から直接米や野菜を買う場合もあるのです。
これらの工夫を 流通の合理化 といいます。

商品の販売記録を管理する「POSシステム」

lecturer_avatar

小売業者の工夫としてもう1つ覚えてほしいのが POSシステム です。
これは、商品の販売情報を記録し、在庫品の管理などに役立てるシステムです。
正確に販売情報を管理することで、商品の発注がタイミングよく行えたり、売れ筋商品を分析したりすることができます。

中学公民29 ポイント3 答え入り

lecturer_avatar

ポイント3では小売業者の工夫について学習しました。
デパート・スーパーマーケット・コンビニの3つを取り上げましたが、これらには違いもあります。
デパートは駅の近くなどにあり、スーパーマーケットは住宅街などに多く見られます。
コンビニは、店舗は小さいですが町のいたるところにお店を構えています。

lecturer_avatar

それぞれの小売業者の特徴と、「流通の合理化」の内容をおさえておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

流通の合理化
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      消費生活と経済

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民