中学公民

中学公民
5分で解ける!対立と合意、効率と公正に関する問題

23
Movie size

5分で解ける!対立と合意、効率と公正に関する問題

23

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民3 練習1 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

人間は「社会的存在」 話し合いで合意を目指す

中学公民3 練習1 上3行のみ表示、括弧空欄

lecturer_avatar

家族や社会、地域社会、職場など、人間と人間との関係によって作られる集団を何と呼びましたか。
社会集団 でしたね。

lecturer_avatar

人間は誰しも、このような社会集団に属しています。
したがって、人間は 社会的存在 であるといえます。
社会集団においては、意見が100%一致するとは限りません。
集団内で意見が合わず、 対立 することもありますが、話し合いによって 合意 を目指すことが大切なのでしたね。

答え
中学公民3 練習1 上3行のみ表示、答え入り

解決策をつくるために必要なことは?

lecturer_avatar

対立から合意に向かうためには、 納得できる解決策をつくる ことが必要でしたね。
その際に大切なポイントが2つありました。

中学公民3 練習1 下4行のみ表示、括弧空欄

lecturer_avatar

1つ目が、無駄を省くことです。みんなの時間やお金・労力を無駄なく使うことでした。
これを 効率 といいましたね。

lecturer_avatar

誰が見ても、手続き、機会や結果について公平であることも大切でした。
公正 という考え方ですね。

答え
中学公民3 練習1 下4行のみ表示、答え入り
対立と合意、効率と公正
23
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      現代社会

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              中学公民