中3英語
中3英語
5分でわかる!現在完了形の意味と使い方2(経験)

50
Movie size

5分でわかる!現在完了形の意味と使い方2(経験)

50

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

現在完了形②「~したことがある」

中3 英語84 ポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

現在完了形(have+過去分詞)はとても便利な表現で、「(ずっと)~している」と言うとき以外にも様々な場面で使えるんだ。
今回は「~したことがある」という表現をみていこう。まずはキーフレーズを紹介するよ。

キーフレーズ
中3 英語84 フレーズ
lecturer_avatar

「わたしはその映画を何回も見たことがあります。」 を英語では、 I have seen the movie many times. というんだ。
動詞の部分がhave seenになっているよね。
現在完了形(have+過去分詞)を使うと、「(今までに)~したことがある」 と経験を表すことができるんだ。
これが今回のポイントだよ。

「~したことがある」(経験)は現在完了形

lecturer_avatar

過去形の文と、現在完了形の文を比較して考えてみよう。
I saw the movie yesteraday.なら「わたしは昨日、映画を見た。」という単純な過去の話になるよね。
これに対して、I have seen the movie many times.は「わたしはその映画を何回も見たことがある。」
現在完了形を使うと、「これまでの人生の中で見た」という経験の有無を表すことができる んだ。
他の例文でも確認しよう。

例文

I have read the book.

「わたしはその本を読んだことがあります。」

I have heard the story before.

「わたしはその話を以前に聞いたことがあります。」

「~行ったことがある」はhave been to~

lecturer_avatar

経験の有無を表すときによく使う表現が have been to ~「行ったことがある」 だよ。
例えば、「わたしはハワイに行ったことがある。」は次のように表現するんだ。

例文

I have been to Hawaii three times.

「わたしはハワイに3回行ったことがあります。」

回数を表すには、once、twice、~times

lecturer_avatar

「わたしはハワイに3回行ったことがある。」のように、経験を表す表現には、回数がよくつくよ。
回数の表し方をおさえておこう。

回数の表し方

1回  →once

2回  →twice

3回  →three times

4回  →four times

何回も →many times

lecturer_avatar

1回・2回は特殊だけど、3回からはわかりやすいね。
timeを複数形のtimesにするのを忘れないようにしよう。

lecturer_avatar

ポイントをまとめると次の通りになるよ。

中3 英語84 ポイント
lecturer_avatar

練習問題を解いて、「~したことがある」を表す現在完了形をしっかり身につけよう。

Yamada
この授業の先生

山田 暢彦 先生

実践的でわかりやすい指導に加え、米国で生まれ育ったネイティブだからこそわかる“英語を話す感覚”を伝授。 中学英語の得点力・リスニング力・長文読解力を自然と磨き上げていく。

現在完了形の意味と使い方2(経験)
50
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。