中学地理
中学地理
5分でわかる!多国籍企業とアメリカの農業

35
Movie size

5分でわかる!多国籍企業とアメリカの農業

35

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

グローバル企業1 ハンバーガー編

中学地理25 ポイント1 答え入り

これでわかる!

ポイントの解説授業

適地適作で地域の気候にあわせた農作物を生産

lecturer_avatar

ポイント1では、アメリカの農業について学びます。

lecturer_avatar

世界一の経済大国アメリカには、国境をこえて活動している企業がたくさんあります。
世界各国に拠点をおき、商品の生産や販売を行う企業のことを グローバル企業(多国籍企業) といいます。こちらを見てください。

中学地理25 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

左側の写真には、ハンバーガーが写っています。
おいしそうですね。

lecturer_avatar

アメリカでは、地域の気候に合わせた農作物の生産が行われています。
これを 適地適作 と呼びます。
ハンバーガーの材料に使われる小麦や牛肉、ほかにも大豆やとうもろこしなどが栽培されています。

広大な土地で展開する企業的農業

中学地理25 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

アメリカは小麦の輸出量が世界一位です。
とうもろこしと大豆は、生産・輸出量ともに世界一位です。
とうもろこしは家畜の飼料に使われる穀物です。
大豆には多くの用途がありますが、日本では豆腐やみその原料になります。

lecturer_avatar

これらの農作物は、広い農場で、労働者を雇い、大型機械を使って生産されています。
こうした農業の特徴は 企業的(な)農業 と呼ばれます。
土地が狭い日本では難しいですが、世界第三位の面積を誇るアメリカで見られる農業です。

中学地理25 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

アメリカの農業には、大きく2つの特徴があります。
適地適作企業的(な)農業 です。
しっかり覚えておきましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

多国籍企業とアメリカの農業
35
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。