高校漢文

高校漢文
5分でわかる!部分否定と全部否定の判別

5
Movie size

5分でわかる!部分否定と全部否定の判別

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

部分否定・全部否定とは?

高校漢文 5章7 POINTの図

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

高校漢文5章「否定」。今回は「部分否定・全部否定とは?」について学習します。

lecturer_avatar

まずは皆さん、次の2つの否定パターンを見てください。
「不」+副詞副詞+「不」
この2つ、どちらも否定に見えますが、何か違いはあるのでしょうか?
答えを想像しつつ、今回の学習に入りましょう!

「いつも~ない」の完全否定と「いつも~とは限らない」の部分否定

lecturer_avatar

今回はキーフレーズから見ていきましょう。

高校漢文 5章7 キーフレーズ

lecturer_avatar

左側の文、 「伯楽は常に有らず。」 とあります。 「伯楽(=馬を見分ける人)は、常にいない。」 という意味です。つまり 「伯楽はいつもいない」と、100パーセント否定している ということですね。

lecturer_avatar

一方、右側の例文。こちらは 「伯楽は常には有らず。」 とあります。こちらは 「伯楽は常にいるとは限らない。」 という意味になります。

lecturer_avatar

2つの意味の違い、見えてきましたか?「伯楽は常に有らず」は 「伯楽はいつもいない」 という 全部否定 の文で、「伯楽は常には有らず」は 「伯楽は常にいるとは限らない」 という 部分否定 の文だったのです!ポイントで詳しく確認しましょう!

高校漢文 5章7 POINTの図

lecturer_avatar

「不」と副詞の順番が変わるだけで、意味が変わる表現です。 副詞+「不」 の場合、「いつも(必ず)~しない」という 100パーセントの完全否定 になります。一方 「不」+副詞 の場合、「いつも(必ず)~するとは限らない」という 部分否定 になります。

lecturer_avatar

この2つを見分けられるようになることが、今回の学習の目標です。そのために、次のコーナーでおさえておきたいポイントを確認しましょう!

Uchikoshi

この授業の先生

打越 竜也 先生

「楽しく、わかりやすく」をモットーに伝授する、漢文の達人。人を惹きつける語り口とコミカルな動作から紡がれる、丁寧で完成された解説は、ファンになる生徒が後を絶たない。

部分否定と全部否定の判別
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      否定

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          部分否定・全部否定

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校漢文