高校漢文

高校漢文
5分で解ける!書き下し文の法則に関する問題

6
Movie size

5分で解ける!書き下し文の法則に関する問題

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校漢文 1章4 練習1 答え無し

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習①。書き下し文を完成させましょう。まずは上から読んでいきます。

lecturer_avatar

一文字目の「欲」には 返り点がついていません ので、「欲」を1番目に読みます。二文字目「不」には レ点 がついています。レ点は 下から上に1字返る ので、下に1文字降りましょう。次の「可」にも レ点 がついていますので、さらに1字降ります。一番下の「従」からレ点で返っていきます。読む順番は 「欲→従→可→不」 ですね。

lecturer_avatar

それでは書き下していきましょう。「欲ハ」はそのまま 「欲は」 です。次の「従ニス」には注釈があります。「ほしいままニスと読む」と書いてありますね。書き下し文では 「従にす」 としましょう。

lecturer_avatar

三番目に読む「可」は終止形だと「べし」と読みますが、ルビと送り仮名を見ると 「べカラ」 と未然形になっています。そのまま「不」に返って「従にす」「べから」「ず」となります。

lecturer_avatar

ここでみなさん、大事なポイントに気づいていますか?2文字目の「不(ず)」は 助動詞 です。3文字目の「可(べから)」も 助動詞 です。助動詞の漢字は ひらがなで書かなければいけません。 正解は下のようになります。

答え
練習1 答え有り
lecturer_avatar

ひらがなで 「べからず」 と書けましたか?助詞・助動詞はひらがなで書く。しっかり覚えておきましょう。

lecturer_avatar

続いて練習②。今度も書き下し文を作りましょう。

練習2 答え無し

lecturer_avatar

まずは上から見ていきます。一文字目「不」には レ点 がついているので飛ばします。次の「足」も 下点 があるのでまだ読みません。その次の「為」にも 二点 がついているので飛ばしましょう。四文字目「外」には何も返り点がありません。「外」を最初に読みます。

lecturer_avatar

「外」の下の「人」には 一点 がついています。「人」を読んでから 二点 に返って「為」を読みましょう。「為」の上にはレ点がありません。三点もありませんね。上には返れないので、下に読んでいきます。

lecturer_avatar

上から六文字目「道」には 上点 がついているので、読んでから 下点 に返ります。下点のついている「足」を読みましょう。「足」の上には レ点 がありますので、1字返って「不」を読みます。最後に読むのは一番下の「也(なり)」。読む順番は 「外→人→為→道→足→不→也」 となります。

lecturer_avatar

それでは書き下し文を書いてみましょう。いくつか注意点があるので解説します。まず、練習①でも出てきた「不」。これは「ざる」と読む 助動詞 です。きちんと ひらがな で書いていますか?そして最後の「也」。これは「なり」と読む 助動詞 です。こちらも ひらがな で書かなければいけませんよ。正解はこちら。

答え
練習2 答え有り
lecturer_avatar

「ざる」「なり」 をきちんとひらがなで書けていましたか?「助詞」「助動詞」はひらがなで書く。しっかり覚えておきましょう。

lecturer_avatar

最後に練習③。書き下し文を完成させましょう。

練習3 答え無し

lecturer_avatar

上から読んでいきます。まず 「猶」 という字。右側に 「なホ」 、左側に 「ごとキ」 と2つの読み方が書いてあります。この漢字はいったい何でしょう?注釈を見ると「猶」は 再読文字 だとあります。漢文では、基本的に漢字を1回しか読みませんが、再読文字は2回読みます。「猶」は「なホ~ごとキ」と2回読みましょう。再読文字は まず返り点を無視して1回目を読みます。 ですので「猶」の1回目が、この文で最初に読む文字です。 二点 がついていますが、1回目は無視して、一点から返ってきたときに2回目を読みましょう。

lecturer_avatar

二文字目「縁」には レ点 がついていますので、下の「木」から1字返ります。「木→縁」という順ですね。
四文字目の「而」は 置き字 です。読まない字でしたね。飛ばしましょう。

lecturer_avatar

上から五文字目の「求」には 一点 がついているので、二点に返りたいところですが レ点 もついています。一レ点は レ点を優先 して、まず下から上に1字返ります。「魚→求」と読んでから 二点 の「猶」に返りましょう。ここで 2回目の「猶」 を読みます。最後に「也」を読めば完成です。読む順番としては 「猶→木→縁→魚→求→猶→也」 となります。ここで一度、自分で書き下し文を書いてみましょう。

lecturer_avatar

書き下し文、書けましたか?それでは大事なポイントに沿って見直しましょう。まずは 再読文字 です。2回読む 「猶」 のような再読文字は 2回目をひらがなで書きます。 2回目の「ごとき」、ひらがなで書いていますか?

lecturer_avatar

次に注意するのは 「置き字」 です。置き字は 書き下し文に書いてはいけません。 置き字の「而」、書いていませんか?

lecturer_avatar

そして、最後の 「也」 。練習①にも出てきましたが、断定の意味を持つ 助動詞 です。助詞・助動詞にあたる漢字は ひらがな で書かなければなりません。「なり」をひらがなで書けていますか?

答え
練習3 答え有り
lecturer_avatar

再読文字「猶」の2回目の「ごとき」、そこに続く助動詞の「なり」。 ひらがな で書いていますか?そして 「而」 を書いてしまっていませんか? 置き字は書きません。 ポイントを大切に守りましょう!

今回のまとめ

lecturer_avatar

おつかれさまでした。漢文の基本はマスターできましたか?今回はみなさんに、こちらの漢文を贈りたいと思います。

キャプチャ134302参照

lecturer_avatar

「学びて時に之を習ふ、亦(ま)た説(よろこ)ばしからずや。」 と読みます。もともとは漢字だけの文章が、返り点や送り仮名によって、日本語のように書き下すことができるようになりました。すごいことだと思いませんか?これが今回の授業で学んだ 「書き下し文」 です。

lecturer_avatar

この文章は孔子の言葉で 「学んだことを、機会があるごとに復習して身につけることは、なんと楽しいことでしょうか。」 という意味です。みなさんも今回学んだ漢文の基礎を 何度も何度も復習して 自分のものにしていきましょう!

lecturer_avatar

次の授業では 漢文の得点アップに大きくつながる 、読解に必要な 「漢文の句形」 を学びます!

書き下し文の法則
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      書き下し文の練習

        この授業のポイント・問題を確認しよう

        漢文の基本

        Logo black
        Register description

            会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
            ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
            こちらをご覧ください。

            書き下し文

            Logo black
            Register description

                会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
                ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
                こちらをご覧ください。

                高校漢文