高校漢文

高校漢文
5分で解ける!返り点の発展法則とつけ方に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!返り点の発展法則とつけ方に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校漢文 1章3 キャプチャ123301参照(答え無し)

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習①。それぞれの漢字横に、読む順序を数字で書き入れる問題です。まずは文を 上から 見て 返り点がついていない字 を読んでいきましょう。

lecturer_avatar

最初の「是」には返り点がついていませんね。 「是」が最初に読む字 です。次の「不」には レ点 があります。 下から1字返る ので飛ばしましょう。「不」の下の「知」には 三点 がついています。一二点は「一→二→三」と返るので、飛ばしましょう。

lecturer_avatar

「知」の下の「所」という字も 二点 がついているので飛ばしますが、ここで注意点があります。 ハイフン(-) がついていますね。つまり「所以(ゆえん)」という 2字の熟語 です。「所」と「以」はワンセットと考えて、「所」だけでなく「以」も後回しにしましょう。

lecturer_avatar

「為」には 一点 がついています。読んで二点に返りたくなると思いますが、返り点をよく見てください。 レ点 もついていますね。先ほど学んだ 一レ点 です!一点とレ点があるときは レ点を優先 します。なので 2番目に読む字は「学」 です。

lecturer_avatar

そして レ点 で一字返りましょう。 3番目は「為」 です。その後、一点から二点の「所以」に返ります。熟語に返るので 「以」の下にレ点は不要 です。 「所以」を上から4番目、5番目 と読んでいきます。

lecturer_avatar

その後「知」に返るのですが、熟語はあくまでも2文字と数えるので レ点ではなく三点 が使われています。 6番目が「知」 です。そして最後は「知」からレ点で1文字返って 「不」 を読みます。

答え
キャプチャ123302参照(答えあり)
lecturer_avatar

正しく読むと「是れ学を為す所以を知らざず。」となります。正解できましたか?

lecturer_avatar

続いて練習②。先ほどと同じく、読む順序を答えましょう。

キャプチャ123303参照(答え無し)

lecturer_avatar

一文字目「有」には下点がついていますね。飛ばしましょう。次の「鬻」という難しい字は「ひさぐ」と読みます。この字にも二点がついていますので、まだ読みません。最初に読むのは、何もついていない三文字目の 「矛」 です。

lecturer_avatar

四文字目「与(と)」の返り点を見てください。 一点とレ点 がセットになっています。「一レ点」が来たら レ点を優先 して下から上に1字返ります。なので五文字目 「盾」が2番目 で、1字返って 「与」が3番目 です。次に 一点から二点に返って 読みましょう。二点がついている 「鬻」が4番目 です。

lecturer_avatar

「鬻」の上には、上に返る返り点はありません。下に降りていくと「者」があります。 「者」が5番目 です。 上点 がついているので、下点がついている 「有」が6番目 となります。

答え
キャプチャ123304参照
lecturer_avatar

正しく読むと「楚に矛と盾とを鬻ぐ者有り。」となります。 「矛盾」 という言葉の出典になった有名な話の一部です。

lecturer_avatar

続いて練習③。今度は字の右側に読む順序が書いてあります。その通りに読めるよう、適切な返り点をつけてあげましょう。

キャプチャ123305参照

lecturer_avatar

番号に従って漢字を見ていきましょう。順序1「之」から順序2「策」へは 1字返っている ので、ここは 「策」の左下にレ点 をつければよいですね。

lecturer_avatar

三文字目「不」と四文字目「以」は、読む順序が6、5となっているので後回し。順序3は「其」、順序4は「道」ですね。「道」から順序5の「以」に返ります。 2字返って いるので、レ点ではなく 一二点 を使えばいいですね。 「道」に一点、「以」に二点 をつけましょう。

lecturer_avatar

最後は順序5「以」から順序6「不」へ返ります。 1字返る ときは レ点 ですね。 「不」の左下にレ点 をつけましょう。これで出来上がりです!

答え
キャプチャ123306参照
lecturer_avatar

ちなみに、正しく読むと「之を策(むち)うつに其の道を以てせず。」となります。正解できましたか?

lecturer_avatar

最後にもう一問、解いてみましょう。練習③と同じく、適切な返り点をつけてあげる問題です。

キャプチャ123307参照

lecturer_avatar

数字の順に読んでいきましょう。順序1・2の「天」「下」は問題ありませんね。次は順序3「水」ですが、ここで「水」の上の 「於」 に注目してください。注釈にもある通り「於」は 置き字 と呼ばれる順序をつけない字です。この問題では無視しましょう。

lecturer_avatar

続いて順序3「水」から順序4「柔」に返りますが、「柔」と「弱」の間に ハイフン(-) がありますね。ハイフンは 熟語のサイン です。ということは「水」から 「柔弱」という熟語 に返らないといけません。熟語に返るときは 2字の間に返り点をつける んでしたね。しかもこの文では1文字ではなく それ以上返る わけですから 「水」に一点 、熟語なので 「柔」と「弱」の間に二点 をつけましょう。

lecturer_avatar

最後は「莫」が残りました。「柔弱」から上に返ればよいからレ点をつけよう!としてしまうと 間違い です。レ点はあくまでも 1字返る 返り点。 熟語は2字として数える ので、ここでは「弱」から「莫」へ 2文字 返らなくてはなりません。ここまで一点、二点と来ているので、次は三点ですね。 「莫」の下に三点 をつけてあげましょう。

答え
キャプチャ123308参照
lecturer_avatar

正しく読むと「天下水より柔弱なるは莫し。」となります。三点や二点の位置は合っていましたか? 熟語 に返り点をつけるとき、そして 熟語からさらに返る ときには気をつけましょうね。

今回のまとめ

lecturer_avatar

前回と今回の授業で、返り点の基本法則と発展法則を学びました。おさらいしましょう。

lecturer_avatar

基本法則は
①1文字返るときはレ点
②それ以上返るときは一二点
③一二点を挟んでさらに返るときは上下点
の3つ。

lecturer_avatar

発展法則は
①一点とレ点、上点とレ点は合体可能
②熟語に返るときは、2字の間に返り点
の2つでした。

lecturer_avatar

返り点をマスターできたら、読む順番はばっちりです。次回は「書き下し文」について学びます。次の授業までしっかり押さえられたら、漢文の基礎は完璧ですよ!

返り点の発展法則とつけ方
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      返り点の練習

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      漢文の基本

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          返り点

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校漢文