高校古文

高校古文
5分でわかる!活用形と接続

8
Movie size

5分でわかる!活用形と接続

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

活用形と接続

高校古文 1章3 「往ぬ」の例

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「活用形と接続」。ポイント1で確認したように、活用語はその下にくっつく語によって形が変化したね。たとえば「住ぬ」の下に「ず」がくると「住なず」で、下に「とき」がくると「住ぬるとき」となるよ。

lecturer_avatar

語によって、どの活用形の後にくっつくか決まっているんだ。たとえば「ず」であれば「住なず」のように未然形にくっつく決まりがあるよ。これを接続というんだ。

いろいろな接続のパターン

lecturer_avatar

動詞と接続する語は「ず」と「とき」以外にもたくさんあるよ。つぎの表を参考にして、いろいろな接続についてみてみよう。

高校古文 1章3 「下につく主な助動詞・助詞」

lecturer_avatar

「思ふ」を例にとって表に出ている助動詞との接続をみていくよ。
「む」と接続する場合、表から上にくる語は未然形になると分かるね。だから「思ふ」を未然形にして「思はむ」となるよ。

lecturer_avatar

「たり」のときは連用形になるから「思ひたり」。
「べし」は終止形で「思ふべし」。
「(断定の助動詞)なり」は連体形で「思ふなり」。
「り」のときは已然形だから「思へり」。

lecturer_avatar

助詞の場合も同じように、「ば」であれば上に来る語は未然形、「て」であれば連用形のようになるよ。
ただし、「ば」の場合には已然形になることもあるから注意しよう。

lecturer_avatar

接続とはなにか、また表の助動詞、助詞の上に来る語は何形になるのか、しっかりおさえておいてね。

Kurosu

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

活用形と接続
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      古典文法入門

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校古文