中2英語
中2英語
5分でわかる!過去進行形の意味と使い方

78
Movie size

5分でわかる!過去進行形の意味と使い方

78

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

過去進行形「~していました」の表現

中2 英語47 ポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回は過去進行形「~していました」を英語で言えるようになろう。
まずはキーフレーズを紹介するよ。

キーフレーズ
中2 英語47 フレーズ
lecturer_avatar

「ぼくはそのとき、寝ていました。」
英語では、 I was sleeping then. というんだ。
過去形のbe動詞wasのあとに動詞のing形を続けると、「~していました」と言える んだ。
これが今回のポイントだよ。

現在進行形のbe動詞を過去形にするだけ

lecturer_avatar

現在進行形「~しています」というときの表現は覚えているかな?
be動詞+動詞のing形で「~しています」 と表現できたね。

復習 現在進行形「~しています」

I am playing the piano. 「わたしはピアノをひいています。」

➔be動詞+動詞のing形で「~しています」

lecturer_avatar

「~していました」と過去について話すときは、 現在進行形のbe動詞を過去形のwas,wereにするだけでOK なんだよ。

「~しています」と「~していました」

I am playing the piano. 「わたしはピアノをひいています。」

I was playing the piano. 「わたしはピアノをひいていました。」

動詞のing形のつづりに注意しよう!

lecturer_avatar

wereを使った例文も確認しよう。

例文

They were reading a book. 「彼らは本を読んでいました。」

lecturer_avatar

間違えやすいのは、動詞にingをつけるときのつづりだね。
例えば次のような変化に気をつけよう。

注意したい動詞のing形

make ➔ making

write ➔ writing

run ➔ running

swim ➔ swimming

lecturer_avatar

ポイントをつかんだら、さっそく練習問題を解いていこう。

Yamada
この授業の先生

山田 暢彦 先生

実践的でわかりやすい指導に加え、米国で生まれ育ったネイティブだからこそわかる“英語を話す感覚”を伝授。 中学英語の得点力・リスニング力・長文読解力を自然と磨き上げていく。

過去進行形の意味と使い方
78
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。