中3英語

中3英語
5分で解ける!make+名詞+形容詞 の使い方に関する問題

29
Movie size

5分で解ける!make+名詞+形容詞 の使い方に関する問題

29

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中3 英語80 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業

「AをBにする」はmake A B

中3 英語80 練習(1)(2)

lecturer_avatar

(1)は、「彼女を有名にする」と言うときの表現だよ。
「AをBにする」は makeのあとに、A、Bと続けるのがポイント だったね。
過去の話だから、makeを過去形のmadeにしよう。
「彼女を」はsheではなく her 、「有名な」はfamousだね。

(1)の答え
中3 英語80 練習(1)答え
lecturer_avatar

(2)は「彼を怒らせる」という表現だね。
「AをBにする」は makeのあとに、A、Bと続けるのがポイント
過去の話だから、動詞はmadeだね。
「彼を」はhim、「怒る」はangryだよ。

(2)の答え
中3 英語80 練習(2)答え

主語は「ピアノをひくこと」

中3 英語80 練習(3)

lecturer_avatar

(3)は「わたしをワクワクさせる」という表現だね。
「AをBにする」は makeのあとに、A、Bと続けるのがポイント
ただし、今回は 主語が「ピアノをひくこと」でplaying the pianoという動詞のing形 になるね。
動詞はmakeではなく、makesになるよ。

(3)の答え
中3 英語80 練習(3)の答え

「何が」とたずねるときはwhatで切り出そう

中3 英語80 練習(4)

lecturer_avatar

(4)は「あなたを悲しくさせる」という表現だね。
「AをBにする」は makeのあとに、A、Bと続けるのがポイント
今回は「何が」とたずねているので、文の最初にwhatがきているよ。
過去だから動詞はmade。「悲しい」はsadだったよね。

(4)の答え
中3 英語80 練習(4)の答え
make+名詞+形容詞 の使い方
29
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      makeを使った文の練習

        この授業のポイント・問題を確認しよう

        makeを使った文

        Logo black
        Register description

            会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

            Logo black
            Register description

                会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

                中3英語