中学地理
中学地理
5分でわかる!九州地方の環境・気候

8
Movie size

5分でわかる!九州地方の環境・気候

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

九州地方の気候

中学地理60 ポイント2(左ページの下半分) 答え入り

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のポイントは、「九州地方の気候」です。
こちらを見てください。

中学地理60 右頁の練習2 答え入り(左上の「練習2」不要)

宮崎市は降水量が多い!

lecturer_avatar

一番左は 宮崎市 の気候グラフです。
宮崎市のグラフの一番の特徴は、3つのグラフで最も 降水量が多い ということです。
降水量が多いうえに、比較的気温も高くなっています。
宮崎市の気候が温暖な理由は、暖流である 日本海流(黒潮) が沖合を流れているからです。
暖かい気候を利用して、宮崎平野では野菜の 促成栽培 が行われています。

中学地理60 右頁の練習2 答え入り(左上の「練習2」不要)

那覇市はとにかく暖かい!

lecturer_avatar

真ん中は 福岡市 の気候グラフですが、正直あまり特徴がありません。
問題を解くときは、福岡市のグラフは後回しにしましょう。
福岡市よりも特徴的なのが、右側の 那覇市 の気候グラフです。
気温に注目すると、 1月でも20℃近くあるほど気温が高い ということがわかります。
とにかく1年中暖かいのが那覇市の気候グラフだと考えてください。

中学地理60 右頁の練習2 答え入り(左上の「練習2」不要)

lecturer_avatar

気候グラフの問題が出たら、
降水量が多いのが宮崎市
気温が高いのが那覇市
残った気候グラフが福岡市
という順番で考えましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

九州地方の環境・気候
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。